Lucidscale

Lucidscale を使えば、アーキテクチャ全体の視覚化が自動でスムーズに。最新、インタラクティブな構成図を作成して、理解を深め、最適化とガバナンスを推進することができます。

営業担当への問い合わせ
さらに詳しく
ネットワークの最新の情報の確認をLucidscaleで。

常に最新の情報を

Lucidchart ネットワーク構成図の自動作成機能を活用すれば、インシデント対応時にもチームメンバーが正確に環境を把握でき、関係者とのコミュニケーション、移行や実装の検証もスムーズに進みます。

フィルター機能で必要な情報を一目で確認

必要な情報をフィルターしてニーズに合った構成図を作成

従来型の構成図やアーキテクチャやインフラをシンプルにカスタマイズすれば、経営陣向けの大局的な構成図、エンジニアの迅速なインシデント解決に最適化したバージョンなど、さまざまなビューが作成できます。

データを一目で確認できる

図のコンテキストに合わせてデータを表示

インスタンス名、セキュリティグループ、IP アドレスなどのデータを図の形式で整理することで、セキュリティ、コンプライアンスや社内のベストプラクティスを把握しやすくなります。

Lucid でクラウドの可視化を実現して維持

移行計画からモニタリングに至るまで、プロセス全体でクラウド環境の可視性を保つのに欠かせないインサイトを Lucid が提供します。

ネットワークインフラ構成図を一目で可視化

ネットワークインフラストラクチャを自動で可視化

サードパーティ接続で Lucidchart のアカウントをクラウド環境に接続するだけで図の自動生成をスタート。Lucidscale では、AWS、Azure、GCP など複数のクラウドソースへの接続とインポートに対応しています。

不要な情報をフィルタ�ーして削除

不要な情報をフィルターでカンタン削除

不要な情報を削除したり、AWS タグやアベイラビリティーゾーンなどの基準でフィルターして重要な内容を強調するのも簡単。リソース間の関連に基づいて線を描画し、将来的にも必要に応じて利用できるようビューを保存できます。

クラウドガバナンスデータを可視化

クラウドガバナンスデータを可視化

Lucidscale でメタデータを視覚的に表現すれば、図とクラウドコンソールやコードの間を切り替える必要がなくなります。さらに条件付き書式設定ルールを適用し、インスタンスタグの欠如など、リソースにフラグを立てて社内のベストプラクティス違反を特定することができます。

共通の理解を醸成

共通の理解を醸成

引き継ぎの調整、支持の獲得やベクトル合わせなど、関係者とのコミュニケーションをスムーズに進めるため、プレゼンテーションモードでインフラストラクチャの特定の箇所のみを表示したり、必要に応じて特定の図形に焦点を絞って共同編集することもできます。

IT業務をLucidscaleで見える化

Lucidscale で業務をスマートに

Lucidscale の活用で、インシデントの解決、セキュリティレビューの準備、コンプライアンス監査への対応、移行や実装の検証がスピーディに変わります。

さらに詳しく
AWS、GCP、Azureとの連携

多彩なツールとの連携

お使いの AWS、Azure、GCP アカウントに接続してアーキテクチャをインポートして視覚化。Confluence の wiki や Jira のチケットなど、どこでも好きな場所に図を挿入し、最新の状態に保つこともできます。

Lucid をさらに活用するための方法

見える化でシンプルに理解

複雑な内容もシンプルに理解

ビジネスを把握して理解することで、質の高い意思決定を推進。

さらに詳しく
チームとの連携をスムーズに

異なるチームや部門間での連携をスムーズに

業務を次のステップへシームレスに進め、スピードを保ちながらチームを調整できる環境を実現。

さらに詳しく
チームをひとつに

チームをひとつに

勤務場所にかかわらず、アイデア出しから実践まで、チーム全員が共通認識をもってつながりを保ちながらコラボレーション。

さらに詳しく
営業担当への問い合わせ

はじめに

  • お問い合わせ

製品

  • Lucidspark
  • Lucidchart
  • Lucidscale
プライバシー法的事項クッキー

© 2022 Lucid Software Inc.