事業部が十分な情報に基づいた意思決定を行えるよう支援

Lucid ビジュアルコラボレーションスイートを使用して、複雑な運用プロセスを作成・調整することで、データに基づいた意思決定が実現し、効率を最適化できます。

セールス担当に問い合わせる

事業部による Lucid の活用方法

プロセスフローをマッピング

協働でボトルネックと無駄を特定すれば、効率を最大化し、リソースの割り当てを改善する機会を見出せます。

戦略的な依存関係のバランスを確保

プロジェクトを視覚的に計画すれば、タスク、プロセス、チームが交差または重複する箇所を明確に確認し、得られた洞察を効率化へと還元できます。

リソース計画を改善

データリンクなどのインテリジェントな機能でリソースを最も効率的に使用し、キャパシティに基づいて調整します。

ビジネスソリューションをブレインストーミング

チーム全体がリアルタイムで、または随時アイデアを出し合い、幅広いソリューションを表面化。Lucid はアイデアやアクションアイテムの文書化に最適です。

進捗状況を監視

データに裏付けられたインテリジェントなビジュアルで計画と進捗状況を文書化し、関係者に進捗状況と成果の最新情報を提供します。

「書き上げた指示書を探りながらではなく、図を示して説明することで、プロセスを理解してもらうのにかかる時間が大幅に低減しました。これを費用換算してみれば、数百、数千、数万、数十万ドルのコストダウンが実現したと言ってよいでしょう。私にとって、Lucidchart は非常に貴重なツールです。」
- Steve Groff - プロセスエンジニア
0

事業部が Lucid の活用でより多くの情報に基づいた意思決定を行う方法をご覧ください。

セールス担当に問い合わせる

はじめに

  • お問い合わせ

製品

  • Lucidspark
  • Lucidchart
  • Lucidscale
プライバシー法的事項Cookie のプライバシーに関する選択クッキーポリシー
  • linkedin
  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • youtube
  • glassdoor
  • tiktok

© 2024 Lucid Software Inc.