クラウドの活用でアジリティ、明快さと整合性を追求

複雑な設計であっても、現在のインフラストラクチャを可視化し、チームで今後の計画を立て、関係者の連携を維持することで、クラウドの移行と最適化を実現することができます。

セールス担当に問い合わせる
チームコラボレーション

チームワークで実行可能なプランを一緒に作成

離れた場所で働くチームメンバーが集まり、全員でアイデアを出し合って優先順位を付け、最高のアイデアを特定し、より効果的に作業を進められる、実用性の高い計画へと変えることができます。

チームコラボレーション

複雑なインフラも分かりやすく

現状を正確に文書化してオンプレミスのインフラストラクチャ、クラウドやハイブリッド環境を可視化し、将来のアーキテクチャ設計のベースとすることができます。

クラウドインフラ

複数のチームや組織間の連携を強化

唯一の信頼できる情報源を確立すれば、さまざまなチームの関係者との調整もスムーズ。ドキュメントにアクセスしやすい状態を保つことでミーティングの効率が改善する上に、組織の目標に沿って作業が進み、手戻りも防げます。

クラウドインフラ

Lucid は、チームのコラボレーション、情報の共有や複雑な設計の実行を支援します。

バーチャルホワイトボード

ビジネスの目標を明確化して調整

バーチャルホワイトボードにメンバーが集まれば、メモの追加、アイデアの並べ替えやデータの収集に加え、他部門の関係者と発見した内容を共有しながら目的や優先順位、スコープの定義を進めることができます。

ダイアグラムツール

誰もが参照しやすい計画を立案

組織図、タイムライン、フローチャートやシステムアーキテクチャなどを使って具体的な計画を立てれば、あらゆる成果物が明確に、参照しやすくなり、依存関係の確認や、やり直しの防止にも役立ちます。

インフラストラクチャを可視化

インフラストラクチャとサポートシステムを可視化

オンプレミスのリソースを示す図やクラウドのビジュアルを自動生成し、詳細を追加してサポートシステムを図式化すれば、関係者との情報共有も手軽です。

クラウドアーキテクチャを設計

将来のクラウドアーキテクチャを設計

明確なドキュメントを作成しておくことで、複雑な設計をチームが視覚的に共有して関係者からのフィードバックを集めやすくなり、チームメンバー、セキュリティ担当者やコンプライアンスチームからの意見をまとめて Lucid に取り込めます。

クラウド図

信頼できる唯一の情報源を確立して共有

クラウド図をワンクリックで更新して移行や展開の成否を検証でき、インフラストラクチャの可視性を保つのも手軽に。Confluence などのプラットフォームで共有すれば、関係者全員が共通認識を持てるようになります。

その他のソリューションを見る
Informatica

Toby Foss 氏

クラウドネットワークオペレーション担当ディレクター

重要なのは、全員がネットワークの最新状態を把握できる状態を確保することです。入社当時は、アーキテクチャレベルの図が存在しない状態でした。最初のタスクとして、このネットワークについて学びながら文書化を担当するよう要請されました。Lucidscale を出発点にすることで、時間をかけずにネットワーク構成図が作成できました。

自社のクラウド環境を可視化

セールス担当に問い合わせる

はじめに

  • お問い合わせ

製品

  • Lucidspark
  • Lucidchart
  • Lucidscale
プライバシー法的事項クッキー
  • facebook
  • Instagram
  • linkedIn
  • Glassdoor

© 2022 Lucid Software Inc.